おでんの具に「粗挽きフランク」。日経新聞に掲載されました。

2013年12月10日の日経新聞の朝刊。

おでん洋風はいかが?

という見出しでさんだかん燻製工房の無添加粗挽きフランクが掲載されました。

umatonpotofu.JPG

記事によりますと、洋風の味付けをしたおでんの人気が高まっているそうです。さんだかん燻製工房の粗挽きフランクも缶詰バージョンではございますが旨とんポトフとしてデビューしていました。

この写真は旨とんポトフの写真です。おいしそうでしょう!洋風でしょう(笑)

じつは粗挽きフランク以外にも、おでんや鍋の具材にぴったりの商品がいくつかあります。たとえば「くんてば」という商品。これは写真で見る限りは、どんなに想像力を膨らましても酒の肴以外に用途が思い当たらない感じの商品です。

ところが、おでんダネや鍋の具材として使うと、あらあらビックリ。おいしい出汁が出まくりハマグリ。

さらには通常は販売していない商品で丸鳥スモークという商品もお鍋にはピッタリ。もう鶏の出汁がたっぷり出て早く雑炊にしてくださいって感じになります。

で、いったん話を粗挽きフランクに戻しますね。フランクでもおでんダネになるんだったら他のソーセージはどうよ?ってことになりますね。もちろんおでんやお鍋に入れていただくと大活躍してくれますよ。

出汁を楽しむタイプの食べ方だったら、まず美味しく食べていただけます。

が、注意がひとつ。ボイルして食べるのはブッブーです。ボイルの場合は旨みが流れ出したお湯って利用しないですよね。お鍋やおでんは旨みが流れ出した出汁を楽しめますよね。その違いです。

ということで今年の冬はさんだかんの無添加燻製品でお鍋やおでんを楽しんでみられてはいかがでしょうか?