ベーコンの旨味が隠し味!ジャガイモ玉葱重ね焼き

子供の頃、母がよく作ってくれた、ジャガイモとタマネギの重ね焼き。
一見、重ねて焼くだけの簡単おかずですが、当時は市販のベーコンを買う事は殆ど無く、家で塩漬けにした豚ばら肉をスライスして使ったり(勿論塩抜きして)、その塩漬け肉を庭でスモークしてベーコンにしたものを使ったり。今思うとちょっと贅沢な子供時代の食卓です。

先日、65才になった母と「母の味は何?」と言う話になって、母にとっての「母の味」はボルシチ。私にとって「母の味」はやっぱり重ね焼き!
と言う事で、思い出して作ってみました。

ホクホクのジャガイモ、火が通ったトマトの甘酸っぱさ、まろやかなチーズのコク。そして、ベーコンの旨味を吸った玉葱の甘み!
何処をとっても大好きな味です。

母が、市販のベーコンを買う事が殆ど無かった理由は、調味料や保存料、着色料など化学合成されたものが余りにも多く使われてるため。今でこそ、オーガニック、無添加、と食の安全が叫ばれる様になりましたが、その当時、そんな事を気に掛けていた人はどれくらい居るんでしょうか・・・・・

そう思うと、やっぱり贅沢な子供時代を過ごしていますね、私。

上質な無添加ベーコンでぜひ試して欲しい、簡単で美味しい重ね焼き。こんがりチーズが食欲をそそりますよ

DSC05514.JPG

材料は、ジャガイモ、玉葱、ベーコン、チーズ(出来れば数種)、トマト、牛乳、ナツメグ(あれば)だけ!

大体買い置きがあるな縲怐Aって材料だと思います。
この時はミニトマトしか無かったのでミニトマトを使っていますが、普通の大きさのトマトの方がジューシーで美味しいです!

作り方も超簡単!

①オーブンに入れる事の出来るフライパンか平たい鍋にオリーブオイルを敷き、6縲怩Vmm程の厚さの輪切りにしたジャガイモを並べ軽く塩をし、同じ厚さに切った玉葱を並べまた軽く塩をし、ベーコンを並べ、蓋をして中火にかけます。
後でのせるチーズの塩味があるので、水分を引き出す程度の少しのお塩で充分。

②じゅうじゅう焼ける音がして、香ばしいジャガイモの香りがして来たら、ジャガイモが浸るくらいの牛乳を注いで、ナツメグを削り、蓋をします。
牛乳を入れる前に、一番底のジャガイモに香ばしい焼き色を付けておくのが美味しく仕上げるコツ。仕上がりはしっとり軟らかくグラタンのようにクリーミー☆

③玉葱が透き通ってきたら蓋を外し、チーズをのせ、最後にトマトをのせて180度に余熱したオーブンで15分縲怩Q0分、チーズがこんがり焼けるまで焼いて出来上がりです。

ママの味重ね焼き.jpg

チーズはパルミジャーノレッジャーノ、ペコリーノロマーノ、モッツァレラなど、数種類使うと味に深みが出て美味しいですが、無ければ、とろけるピザ用チーズなど、あるものだけで良いです。
ベーコンはもっとたっぷりのせても良いですね。お好みで。

心も身体も温まりますよ♪
是非お試しあれ

私の子供達が大きくなった時、母の味は?と聞かれたら何と答えるんだろうなぁ、まだ見ぬ未来にちょっと思いを馳せた夕食時でした。

シェアする

フォローする